暫くは目を保護

レーシック手術を受けた後は、保護することを名古屋でもどこの病院でも指示されます。その理由は、レーシック手術を受けた目はとてもデリケートな上に光に弱くなっているからです。
レーシック手術は、目の屈折力を変化させることで視力回復することができます。ですから、手術を受けた直後は屈折力が変化したことについていけていない状態になっているので光に弱いのです。
その為、暫くはサングラスと眼帯は必需品になります。サングラスは、保護用のものがありますのでそれを使用するようにしましょう。しかし、サングラスがあるからといってずっと外にいることは避けたほうがいいです。特に日差しの強い夏場の日中なのは、サングラスをかけていても目に負担がかかってしまいます。
他には、夜に外出するのも避けたほうがいいでしょう。夜は、まだレーシック手術を受けたばかりだと見えにくいのでとても危険です。車の運転もできるだけ避けるようにして、暫くは過ごしたほうがいいでしょう。夜の名古屋であれば、街頭で明るいから大丈夫と思っている人もいますが、街頭の明かりだけでは見にくいので危険ですから避けて下さい。

名古屋の病院によっては、保護用のサングラスを貰えるところもあります。そういったところであれば、わざわざ購入する必要はありませんので事前に確認しておいて下さい。勿論、眼帯も貰うことはできます。しかし、暫くは眼帯を装着することになりますので、薬局などで購入するのもいいでしょう。
このようにレーシック手術を受けた後は、暫く目に負担がかからないようにしないといけないのです。これは、名古屋の病院へ行けば教えてもらえますが、事前に知っておいたほうがいいでしょう。そうすることで、スムーズに名古屋の病院で治療を進められるようになります。