流れはどんな感じ?

名古屋の病院でレーシック手術を受けるとなれば、どんな流れで手術を受けるのか知りたいでしょう。この手術は、世界各国で行なわれている治療になりますが、日本ではまだそこまで受けていない人が多いことから分からないという人が多いです。だからこそ、受けるとなれば不安になる人も多いのですが、この手術は厚生労働省が安全性のある治療として認可しているので安心して受けられるようになっています。ですから、名古屋の病院ではどこでも基本的な流れは一緒になります。

どのような流れになるのかといえば、カウンセリング→検査→手術→翌日検診→一週間検診→一ヶ月検診→三ヶ月検診というように進んでいきます。
カウンセリングでは、名古屋の病院にいる担当医師からレーシック手術を行なうことでどうなるのかを教えてもらえます。その際に不安に思っていることや疑問に思っていることを聞けます。そして、そこの病院で手術を行なうことが決まれば次は検査を行います。この検査は、レーシック手術を行なうにはとても大事なことになります。
どれほど大事なのかといえば、検査データを基に手術を行なうからです。名古屋でいい病院であれば、検査を行なう環境が十分に整っているので安心して受けられるでしょう。しかし、目というのは一日一日状態が異なります。ですから、検査して手術するということになります。検査結果で何か問題があれば、医師と相談して後日行なうことになります。
結果でも問題がないと判断されたら、レーシック手術を行います。手術を行なうと決まれば、できるだけ最低でも三日間は仕事を休んだほうがいいでしょう。そうしないと目に負担がかかってしまうので、手術した意味が無くなってしまいます。
手術の流れは、検査データを基に点眼麻酔を行なって角膜部分にレーザーを照射し、フラップという蓋を作ります。蓋が完成すれば、そこへ再度専用のレーザーを照射して屈折力に変化をつけます。照射した後は、丁寧にフラップを蓋して消毒を行なって終わりです。

翌日にも再度名古屋の病院へ足を運ぶことになりますので、病院はできるかぎり通いやすいところのほうがいいでしょう。そうしたほうが、目に負担をあまりかけずに治療を行なえるようになります。