アフターケアは大事

レーシック手術を受けたらアフターケアがとても大事ですから、名古屋の病院でもアフターケアに力を入れているところを探したほうがいいでしょう。
どうしてアフターケアが必要なのかといえば、目というデリケートな部分を手術することになりますので、何かトラブルが起こったらすぐに対処してもらえるようにしておかないといけないからです。レーシック手術を受けた直後の目は、フラップという部分がまだ不安定です。これは、角膜を蓋にしているので手術を受けた直後はちょっとしたことでもシワよってしまうことがあります。
それに、光にも敏感となっているのでレーシック手術を終えた後は外へ出るとなればサングラスが必要です。サングラスをかけることで、目への負担を軽減させることができます。暫くは、外へ出る時にサングラスをかけておいたほうが目にはいいでしょう。
そして、寝る時は無意識に目を擦ってしまうことがありますので、眼帯を装着して寝ることになります。最初の内は、違和感がありますが慣れてくればそこまで感じなくなるでしょう。
一週間程は、サングラスと眼帯は必要になります。

そして、一番重要なのはレーシック手術を受けてから仕事を行なっていいのかでしょう。人によっては、翌日から仕事したいと思っている人もいます。しかし、レーシック手術は翌日検診があります。その翌日検診の診断結果によっては、仕事に行けるかどうかが決まります。ですが、大体の病院ではレーシック手術を受けたら一週間は安静にしてほしいと伝えられるでしょう。
名古屋の病院でもどこの地域の病院でも、目に負担がかからないようにしてほしいというのは言われると思います。
しかし、それでも仕事したいというのなら自分が通っている名古屋の病院の医師に相談してみて下さい。この際に、もしダメだと言われた時は職場に診断書を持っていけば理解してもらえるでしょう。そうすることで、安心して休めるようになります。
名古屋には、沢山の病院がありますがその中から自分にとっていい病院を見つけて通うようにしたほうがいいでしょう。